ブログ

第1話 ~巨木の神様~

第1話image

漫画 月物語 つきものがたり

絵 :いけだまなぶ

監修:はしもとみお

【あらすじ】

暖炉屋の学と彫刻家みおのペットとして飼われている黒柴の「月」。

ある日、散歩の途中で巨木の神様におしっこをかけた事がきっかけで、神様と契約を結ぶことになる。

その契約とは世の中に「木の素晴らしさ」を伝えることと「ものづくりの楽しさ」を広めることであった。

月は神様の魔法により、人のように話したり考えることができるようになる。

この物語は黒柴の月が木の持つ素晴らしさやものづくりの楽しさを伝えるため日々奮闘する物語である。

※掲載内容の一部およびすべてを複製、転載または配布、印刷など、第三者の利用に供することを禁止します。

第1話 巨木の神様

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る