ブログ

ウッドデッキ工事


今回は屋根付き3m×9mのウッドデッキのご依頼です。

独立基礎に柱を立てて、梁と母屋をかけていきます。実際に組み上げると、設計図で見るよりかなり大きく感じます。

奥にちらっと見える煙突がチャーミングです。

柱材、梁、母屋はヒノキ、床材は米ヒバという針葉樹の木材を使用しました。

組み方は「折置組」という昔ながらの組み方です。柱のホゾが母屋の天端まで突き刺さっていてシンプルで頑丈です。

揺れ防止に火打(柱に付いている斜めの短い材)で補強。火打を全箇所にやると意匠的にうるさくなるので、所々に入れました。

小さいお子様がいらっしゃるので、入り口以外は木の柵で囲いました。

地面から床まで60センチありますので、落ちたら大怪我しちゃいます。

シンプルな柵です。ビスで固定してありますので、必要なくなれば外して開放感のあるデッキにもなります。

着色はキシラデコールのパリサンダ。

最後に階段を作って完成です!

階段の設計で参考になる資料があります。

蹴上寸法(1段の高さ)×2+踏面寸法(奥行)=600mm

この数字に当てはめると、登りやすい階段ができます。

今回は蹴上150mm、踏面300mmなので、ぴったりです。

※建築基準法では一般住宅の場合、蹴上230mm以下、踏面150mm以上になってます。

ウッドデッキは部屋とは違う開放的な空間です。BBQしたり、プールで遊んだり、ブランコやハンモックでそよ風に当たりながらのんびりしたり、、

施主様はテントサウナを満喫したいとのこと。

夢が広がるウッドデッキ、これからもご依頼があれば喜んでお作りいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ商品

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る